スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボーナスはいつから始まった? 

年収を語る上で無視できないボーナス

特にビジネスパーソンにおいては
死活問題となるでしょう・・。

このボーナスを見越して
ローンを組んだり
借金を返したり
新しい生活を送ったり
貯金したり・・

でも。よく考えてみると
この当たり前に出ているボーナス・・

いったいいつから始まったのでしょう?
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


ボーナスはいつから支給されたの?

ボーナスは江戸時代の習慣から発展したとされています。
当時は丁稚制度(でっちせいど)という商店主育成制度がありました。
これは、10歳前後の子供が住み込みで雑用をこなすもので、
衣食住は保障されますがお給料はでない事となっています。
(ちなみに松下幸之助は丁稚奉公から成功した人物です)

しかし、年に二回(お盆と正月)は
実家へ帰ってもいい事となっていました。
そこで、実家へのお土産などを持参するために、
お小遣いがもらえたのです。

ボーナスは、このお小遣いを参考にしたとの説がありました。

日本で始めてボーナスを支給した会社は
「三菱商会」(現 三菱商事)です。
1876年、三菱商会は海運業の独占企業でしたので、
かなり儲かっていたそうです。

そこで、創業者の岩崎弥太郎は、
利益を社員に分配するために「歳末賞与」という名目で
お給料の一か月分(約五円)を支給したのです。


ここに記載があるように、元々は江戸時代の
丁稚奉公に対する手当金という形で始まっています。

それから企業が会社の利益を分配するという意味(還元)で
ボーナスが支給されるようになっています。

つまり・・
景気悪化がもたらす企業業績の悪化は
この分配金を低下・・あるいは無くしてしまう可能性が高い


ただでさえ、株主に対する配当を考えるだけでも
頭が痛い現状なのに、分配金であるボーナスを出せないですよね・・。

そもそも・・このボーナスが当たり前となった習慣・・
この考えのせいでボーナス削減の打撃を強く
感じることになるのでしょうね・・。

企業勤めである以上、
この事を念頭に置いていかないと・・。

それが嫌なら・・
ボーナスに頼らない仕組みを作るしかないですね・・。
スポンサーサイト
[ 2008/12/06 14:46 ] あいさつ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/92-1fe33e74






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。