スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自動車手当② 

今日は自動車手当の変革期について
ご紹介します。

自動車手当は基本的に
企業側が自動車による社会的影響を考えたり
社員の負担を検討する際に転換を迎えます。

今回はダイワハウスの取り組みを紹介します。
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


 大和ハウス工業は社員が営業や通勤に使う
自家用車で低燃費車の利用を促すため、
6月1日から自動車手当を最大4割増額する。
ガソリン価格の高騰に対応、低燃費車の所有者を
優遇することで燃料費負担を軽減するとともに、
二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる。

 対象は営業や工事に従事し、仕事で車を使う正社員約7000人。
現在はガソリン代全額と月額2万5000円の手当を支給している。
今後は燃費1リットルあたり20㎞以上の軽自動車なら
手当は3万5000円、18―20㎞未満なら3万円にそれぞれ増額する。
18㎞未満は従来通りとなる。

以上のように、
会社がエコを気にする時に
自動車手当てにも変更点が出てきます。

制度の転換が
自身の収益にどう影響するか?


それを見逃さない事が
生活の知恵なのでしょうね。
 同社によると制度変更でCO2排出量を年3%削減できる計算という。
省エネ性能など環境負荷の小さな住宅商品の販売を強化しており、
今後も企業内の活動でCO2削減の取り組みを強化する方針だ。

 大和ハウスは維持管理コストがかかる社用車よりも
社員に手当を支給するほうが効率的として、
営業や施工現場への移動に自家用車を使っている。
今回手当を増額するが、低燃費車への切り替えが進めば
ガソリン代を含めた会社全体の燃料負担が軽減するとみている。
スポンサーサイト
[ 2008/12/01 07:45 ] 手当て編 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/81-eb091f63






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。