スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【身体編】添加物から逃げ切れんのかよ?(添加物の恐怖②) 

前回触れた「添加物」の問題。
私は大学の時、研究でこの添加物に携わっていました。
三度のメシより「添加物」!
そんな大学4年生でございました( ̄Д ̄;;

前回の記事はコチラ→なんで添加物をいれるのよ?(添加物の恐怖①)

まず答えから申し上げます。
添加物から逃げる方法はありませんです(普通は)
え?Σ(; ̄□ ̄
農家出身で自給自足なら添加物なんていらないじゃないかぁ!

と思われるかと思います。
でもだめなんですよう(;´Д`A ```
なぜだか皆さんわかりますか?
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


なぜならうまく無農薬で有機野菜をつくれたとして、
さらに農薬もなくコメも作れたとしましょう。

そこから食卓に欠かせないアイテム・・「調味料」
そう、砂糖や塩にまで添加物が入っているからです。
もちろんマヨネーズやドレッシングにも。

うちはゆで野菜や生野菜のまま喰うからいいんだよΣ(; ̄□ ̄
って人がいればすごいでしょうがね・・。

これだけ身近に添加物がありながら、
その毒性は十分検証されていません。
検証したとかいってても「無毒」なものはありえません。

もともとの発想が微量なので人体には影響ないという考えから、深く検証していないようにも見えます。
つまりは「添加物は無毒ではない」とわかってて製造業者もやむなく使っているのです。
じゃあなんで添加物を使うのかというのは前回の記事を
ご参照下さいませ(;´Д`A ```

でも添加物は悪だけではない。
添加物は食物の腐敗を防ぎ、
味のバランスや品質の劣化を補うアイテムであることは事実です。
そのおかげで北海道のおいしい食材を食べれたり、
海外などの食材を腐らせることなく入手することができる。
製造業者や輸送業者も添加物のおかげで生計が成り立っている。

ですが、健康面だけを考えてしまうと・・
人工の物質(添加物)は元々自然界に単体で存在していないもの。
人体が拒んでしまうのも仕方が無いことです。

最近耳にするのが「発がん性
体の細胞レベルの免疫システムがこれらの物質に拒絶反応を示すことから、
ガンのリスクを高めてしまいます。(すげえ曖昧な説明( ̄Д ̄;;)
(あくまでわかりやすく言っているだけですからねヽ(TдT)ノ)

ただ、元々ガンになりやすい人なのか?
添加物のせいでガンになったのかの区別は難しい。
だからヒトでもガンのリスクを高めるのでは・・?
という「可能性」の話だけでとどまってしまってます。

ソーセージに入っている亜硝酸Naや、
長時間放置された揚げ物系の油(弁当系)などは
その代表でもありますが、目に見える害に直結していないので、
現時点でも保存料として、調理目的としても使われます。

どうですか?一例に過ぎませんが、
この状況下で添加物から逃げ切れるとお思いですか?
逃げ切れている人は匿名でもいいので連絡下さい。
弟子入りさせて頂きますヽ(^◇^*)/

これを読んでいる人は、
じゃあ、どーすんだよ?( ´△`)
となるのは当たり前です。
次回はそのリスクを抑える方法を紹介します。
(どこぞのヘンテコリンな商品を紹介するワケではないのでご安心を)
スポンサーサイト
[ 2010/06/20 16:30 ] あいさつ | TB(0) | CM(2)

確か・・・

マドンナさんとか、マクロビオティックを徹底されていらっしゃるとうかがっておりますが。。。

たんまりお金があって、おかかえの料理人さんがいてこそできる生活なのだと思います。

庶民の、しかもお肉とスウィ~ツをこよなく愛する猛獣には、たまにマクロビや無添加の食事ができたとしても、それを徹底することは残念ながら不可能ですi-241

次回の、リスクを抑える方法、楽しみにしていますi-184
[ 2010/06/21 08:55 ] [ 編集 ]

メイさんへ

よくご存知で。マクロビオティックはあくまでも「考え」を指しているのでお金をかけない方法も可能です。
何よりも日本が一番このマクロビオティックを実践しやすい環境で生活してますもんね。
日本がなぜ「長寿国家」と呼ばれているのか?このルーツはここにある!というくらいの外人さん達もいらっしゃるようですし・・。次回の記事で詳しく紹介しまする。
[ 2010/06/22 03:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/498-4d284af4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。