スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【身体編】なんで添加物をいれるのよ?(添加物の恐怖①) 

俺はとある大学のとある研究室に引きこもって、
ずーっと卒論のテーマである「ある事」を研究してました。

それは「食品添加物」について。

俺がコンビニ弁当を忌み嫌うのも理由が有ってのことです。
コンビニ弁当食うくらいなら、道端に生えている雑草を
天ぷらにして食べた方がマシ。

決してコンビニさんの営業妨害をするつもりはありません。
ですが、個人的には弁当とかおにぎりを買う気になれません。

まぁ、どっかのアホンダラの意見として
聞き流してくれたら幸いです・・(;´▽`A``
それでもしゃあない見てやるよ!って人は続きをどうぞ・・
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


まずコンビニ(というか加工食品)の何がダメか?
当たり前ですが「添加物」が入っているからです。
この添加物は酸化防止剤とか着色料、乳化剤などを含みます。

じゃあ、なんでこういう物を入れるのか?
日持ちが良くなるためチェーン店などの流通で重宝するからです。
あと味が一定になるので調整もしやすくバラツキも少なくなる。
製造コストが下がるので安価で提供出来る。
また、ちょっとケースは違うが補助栄養剤の一環として、
食材に栄養素としてビタミンや鉄分、亜鉛を加えさせるという場合も有ります。

よくよく考えてみると、添加物の存在は、
企業のためにはなるが、ユーザーのためにはなりにくいのが事実です。

添加物の研究は昔からされています。
なんとか人畜無害に近い添加物を作ろうと努力はしていますが、
無害なものは全くありません。
現在、国内で使える食品添加物は50~60種類くらい。
昔の合成甘味料や合成着色料で発がん性があったと言うのは有名な話。
まだまだ安心できない状況です。

よく、添加物は悪じゃない!添加物が入ってない食材の方が珍しい!という人がいます。
揚げ足をとるように、育児用ミルクには亜鉛やビタミンを補強しなきゃならん!とか
そもそも豆腐は添加物を入れないと凝固しない!とか・・

そりゃそうだ(;´▽`A``
ここまで流通が発達し、工場のオートメーション化で
大量に作られた加工食品は一斉に全国にばらまかれる。
実家が農家とか漁師じゃない限り添加物にまみれる生活だ。
それに育児用ミルクに入れる亜鉛もビタミンも安定させるために添加物を入れる。
人体に対する影響は少ないが、本当にそれでいいのか?
ちゃんと検証をしているのか?

次回から詳しく話していこうと思いますが、
まずは目線合わせを・・

今後テーマとしてとらえる「添加物」は
体に害を及ぼす物質の事です。

次回から、これらをどう回避していくかを
紹介して行こうと思います。

添加物を避けるのは至難の業。
いかに添加物の少ないものを選び、
どうやって体内の添加物を除去するのか?

更新は不定期ですが、ちまちま出していきますねヽ(^◇^*)/

大学の頃に研究していたの時のノートが役に立ちそうヽ(^◇^*)/
スポンサーサイト
[ 2010/06/05 14:59 ] あいさつ | TB(0) | CM(8)

楽しみにしています♪

そういえば、もうすっかり内容は忘れかけておりますが、ちょっと前に、クシ・マクロの講習に通っていましたi-237

まぁ、マクロビオティック中心の生活にするには、それなりにお金もかかるのですが、それより何より、大・大・大好きなお肉をやめなくてはならないため、猛獣にはムリな話・・・i-193

でも、もともと腎臓が弱いので、情報として知っておいて損ではないかと思い、約1年通いましたi-220

食品や、あと女性の場合は化粧品の添加物も気になります。

添加物シリーズ、楽しみにしていますi-184
[ 2010/06/05 17:36 ] [ 編集 ]

小学生くらいから親が購読していたマナメッセという雑誌で添加物の怖さは知っていました。
今も阿部司氏の本も本棚にあるし、添加物についての勉強会などにも参加しました。
知ってて怖いと思うし関心はあるのになかなか避けては通れなくなってます・・・。
[ 2010/06/06 02:56 ] [ 編集 ]

メイさんへ

正直、健康的に生きたいと思っても、
健康的には生きれない時代になってます。

ここまで人工物が増えたら、それだけ回避するのは、
100%ムリ・・。
あとはどれだけ被害を最小限にできるかですもんね。
特に女性は化粧品やサプリメントを使いますが、
それにも添加物がわんさかですもんね・・。
お役に立てる情報を出せるように頑張ります。
[ 2010/06/06 08:31 ] [ 編集 ]

nanakoさんへ

阿部司さんは有名ですよね~。
食にまつわる問題点を良く指摘されています。
こういう問題提起をしないと、
なぁなぁで終わってしまうので、
常に意識しておきたいですね。
[ 2010/06/06 08:33 ] [ 編集 ]

こういうのは面白いですよね(ノ´∀`*)
一度赤ちゃんから添加物ありと無しの二人でどっかの科学者が自分の子供で実験してくれたら良いのにとよく思いますよ(*´ω`*)
[ 2010/06/06 09:00 ] [ 編集 ]

虫@貯蓄さんへ

ありがとうございます。
そうですよね。自分の身の回りの人の事を考えると、
科学者でさえも躊躇するでしょう。
だからこそこういう研究を絶やして欲しくないですよね
そして危機意識ももってもらいたいです。
[ 2010/06/06 13:53 ] [ 編集 ]

おはようございます

 
子供がアレルギー持ちで、うさみみ夫婦ともに生物化学系なので、食品添加物の話題は興味深々です。

完全にさけることは無理ですが、うまくつきあっていかないと。
[ 2010/06/09 07:05 ] [ 編集 ]

うさみみさんへ

物資が少ない日本ではこの添加物のおかげでよいいっそう食物を保存できるようになったので、添加物の存在も大きいと思います。ですが、思考が止まって、ただ添加物を使えばいい。世間一般に安全だといわれるものを使えばいいんだという安易な考えだけにはなってもらいたくないですよね。消費者もうまくつかっていかなくちゃですね・・。
[ 2010/06/09 07:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/484-2771d2c9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。