スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【心労】理不尽な会社で生きるには? 

5月いっぱいでうちの部署からまた一人、
退職者を出すことになった。

この人は35歳で俺のチームと他部署との折衝役をしてくれていた人。
チーム間の調整役という立場の人だった。

深夜近くまで仕事があることで体調を壊し気味だった人だが、
メンタル的にも今の状況では仕事ができないという理由で退職届を出す・・。
相当意思は硬いようだ。

部長に相談する前に俺に事前に相談してくれたが、
まさか思いつめてメンタルクリニックに通っていることは
相談されるまで分からなかった。

確かに、会社も休みがちになって、
以前のような覇気もなくなっていっていたのが気がかりだったが・・

結局、次の就職先が見つかったため、
退職届を部長に出すことに決めたそうだ・・。

意思も固く、次の勤め口も見つけるといったような
具体的な行動をしていることもあり、
俺は全く止めれなかった。
同じような境遇でやめたしな・・俺も。

実直で真面目な人。
優秀な人材で、俺の入社時にも世話になった人
こういう人がどんどんいなくなっていく・・。

なんでなんだろうね。

俺が思うのは・・


応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


会社なんてどこもそう。
組織もどこもそう。
しがらみがない職場なんてない。
上司は自分の生活を守るために部下に当たり、
部下はどんどんすり減って行き最終的には追い込まれる。

うちの会社がブラックな所以も、
人に対するケアが全くなっていないところかな?
個々人のパフォーマンスはすごいが、
会社は社員のフォローを全くしない。
結局それで人材が流出してしまう。

本来なら会社の体質を改めるべきだが、
実際問題難しいのはわかっている。
個人単位でこの状況を打破するためには、

①叩かれてもくじけないメンタルの強さを持って今まで通り頑張る
②周囲のことは気にせず自分の仕事をする
③上司に媚びへつらい、YESマンになる
④徹底的に上司と戦う
⑤職場から去る
⑥訴える・・・?現実性はない(;´▽`A``

など色々あるだろうが、
今回、この人は⑤をとった。

俺ならどうするのだろうか?

俺の答えは②。

俺には愛社精神もないし上司に媚びる気もない。
自分自身の修行の一環で仕事をしている。
「誰にも負けたくない」
それだけが俺の原動力だ。

でも、世の多くの人の答えは、
①と③なのかもしれない。

⑤のように会社を去るのは勇気がいるが、
会社に残るのも勇気がいる。
実際サラリーマンで多いのはこの①と③の人々じゃないだろうか?

人は守るべきものが出来ると大きく変わる。
昔は狂犬のように上司に噛み付いていた人であっても、
家族のために上司に媚び、
生活のために地位を守ろうとする。
ハッキリ言ってこれもすごい勇気がいることだと思う。

俺も頭ではわかってるんだ。
YESマンであり、業績を上げ、上司を接待する。
時代は変わっても、実力主義とはいっても
これで昇格もする会社はまだまだある。

でも俺はなかなかできない。
今回辞める人ももできない人の一人だった。

この35歳の人は俺と同じく独身。

俺がこの人に伝えたのは、
「自分で決めたことだし、次の職場も決まっているのなら
自分の為に自由にやってやればいいんじゃないですか?」
という言葉だ。

別に守るものが無いのなら、自分の為に仕事しているし、
生きているんだ。自分がそう思えばそうすればいい。

俺のアドバイスは間違っていたのだろうか?
このアドバイスを聞いてこの人はどう思ったのだろうか?

それが未だに頭の中を駆け巡っている。
俺は正しいことを伝えられたのかな・・

それ以前に俺は一体なんなんだ?
俺は一体何がしたいんだろう?
俺も自分のことをもっと考えないとな・・。





スポンサーサイト
[ 2010/05/17 23:58 ] あいさつ | TB(0) | CM(6)

こんにちは!

takatakagoさんが、会社を去る方に差し向けた言葉、まちがっていないと思いますよi-179

私が働いている職場も、入れ替わりが激しいのですが(しかも、部長クラスの)、私は心からの「お疲れ様でした」の一言にすべてをこめています。

言葉は長くなればなるほど、言われた側も、そして言った側も考えてしまうことがありますから。

takatakagoさんの提案する状況打破の6つの条件のうち、訴訟だけは避けたほうがいいような気がします。
うちの会社のような、大手弁護士事務所と深い関わりをもっている会社ですと、コテンパンにやられます。(しかも会社の経費で)

ちなみに私は、ときに飴(というより、疑似餌かも。笑)をちらつかせ、ときにお尻をたたいたりする、飴とムチ方法で、うまく上司を手のひらで転がしつつ、上司との距離を保ちながら、ささやかなストレス発散をしております、ハイi-193
[ 2010/05/18 09:02 ] [ 編集 ]

takatakago さんのおっしゃる通り、どこの会社も同じですね。
私も似たような話を旦那から聞きます。
上司も含め”人”に恵まれていない会社で働いています。
私的には、自分を高め仕事に挑戦しながら③でやりがいを感じて仕事を進めてほしいところですが、旦那もtakatakago さんと同様②で、自分の仕事をこなしているようです。
そして、企業の中での大切な”人”がいなくなっているそうです。
旦那もいつそうなるか分からないとおもい、私も腹をくくってますよ^^
そういう先の事も含め、今置かれている状況を見据えていかないといけないなぁって改めて思う日記でした。
今日も感謝です^^
[ 2010/05/18 12:57 ] [ 編集 ]

自分も言葉を書けるとしたら、takatakagoさんと同じように言うと思いますね~。

選択肢⑦として『仲の良い同僚と連携をとって上司を巻き込み、環境改善を試みる』なんていかがでしょうか?

かなりの努力が必要だとは思いますが、現在の会社のお給料、福利厚生等が良いのなら、やってみる価値はあると思います!
[ 2010/05/18 21:42 ] [ 編集 ]

メイさんへ

今まで頑張ってきたことは事実なので、それを労ってあげて見送ってあげることは本当に大事ですよね。
選択肢⑥の訴訟は基本的にはありえませんね・・。
ただ、実際に訴訟一歩手前まで行ったケースはありますので恐ろしいものです・・。

上司との距離感・・
本当に大事ですよね・・。
この間合が本当に難しい。
[ 2010/05/19 00:37 ] [ 編集 ]

☆★YoneShio★☆さんへ

旦那さんも頑張られているんですね。
変えられる環境なら変えたいけれど、
自分の考えも変わるかもしれない・・。
様子を見ながら日々、精進するしか無いですよね。
でもそれに柔軟に対応出来る奥さんがいることは、
本当に励みになっていると思います。

うまく「人」が持ち味を活かせる職場を
作ることができたらベストなんでしょうね(⌒▽⌒)
[ 2010/05/19 00:43 ] [ 編集 ]

コバヤマさんへ

仰る通り職場を上手く変えていくこと・・。
コレが一番いいんでしょうね。
そのためには近い距離の人を巻き込んで変えて行く・・。
私もそれを念頭において日々の業務をこなしていきたいと思っています。「個」の意見は通りにくいですが「多」の意見は無視できないですし、上司を立てていく事も大事。
社外の交渉より社内の調整が一番難しいですね。
でも、やってみる価値はありそうです。
選択肢⑦の提案ありがとうございますo(*^▽^*)o
[ 2010/05/19 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/465-3be83cae






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。