スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【笑えるネタ】ジャイアンから学ぶ恋愛哲学 

最近の野郎どもは草食系が増えてきたといわれ
幾許か経っております・・。

俺はこの「草食系」という言葉が大嫌いです。
コレを語り始めると長くなるので今回は割愛します(;´▽`A``

ところで、みなさんが知っているドラえもん。
このマンガの中でもはや主役でもいいのではないかとも言われる
キャラクターがいます。

それは・・
ジャイアン

ジャイアンは理不尽で自分勝手で、ちょっと暴力的。
ですが、最近「草食系」だのと言っている人から見たら、
こういう人が念願の「肉食系」なのでしょう。
その根拠がこの本に詰まっています。


ジャイアン語録は様々な人を引きつけます。
この本に書かれている内容をちょこっとだけ続きで紹介しています。
草食系」というものに飽きている人・・
是非つづきを見てみて下さい。
ジャイアンがこの時代のカリスマとも言えることがわかると思います(笑)

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


【1】「おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの・・・な!!」
言わずと知れたジャイアンを象徴する一言。しかし、捉えようによっては「おまえの全てを引き受ける!」という男らしいフレーズにもとれます。「おまえのキズはおれのもの、おれのキズもおれのもの」などと言いかえてみたら、女性はメロメロではないでしょうか。


【2】「ほしいものは手に入れるのがおれのやりかたさ。」
強引な手を使ってでも己の意志を貫くのがジャイアンの哲学。このフレーズとともに情熱的なアプローチをしかければ、たとえ恋人がいる女性でも、彼氏が頼りなく思えてこちらになびいてくれるかもしれません。


【3】「おまえがおれの前を歩いてれば、水がかからなかった。」
実に理不尽な一言ですが、この理不尽さこそ平成男子に失われた肉食性ではないでしょうか。ものわかりが良くて空気が読める男性ばかりの時代だからこそ、逆にこのような亭主関白的アピールが有効なはずです。


【4】「ロックはきらいなんだ。歌謡曲いれろ。」
ジャイアンの趣味が前面に出た一言。最先端の音楽やヒットチャートを気にするのではなく、自分が本当に好きなものにこだわることも大切です。その頑固な姿が、女性からの「ブレない男」という評価につながることもあります。


【5】「これからずっとおまえはおれのどれいだ。」
のび太を脅すジャイアンを思えば恐ろしい一言ですが、女性に向かってささやくと思うとなかなかセクシーなフレーズです。「愛の奴隷」といった濃密な関係を想起させることは、女性の好奇心を大いに刺激するのではないでしょうか。


【6】「紙くずみたいに軽いやつだ。」
ひ弱なのび太を打ちのめした後に放たれた一言。女性を抱きかかえたときに応用すると効果的です。なんでもない顔でこのフレーズを放てば、女性は力強さを感じ、安心して身を委ねてくれるでしょう。


【7】「正しいのは、いつもおれだ。」
これ以上なく簡潔にジャイアンの「俺様ぶり」が伝わる一言。道に迷ったときなどに使えば、「黙って俺についてこい!」と女性をリードする頼もしい男になれそうなフレーズです。


【8】「ギタギタのメロメロのボロボロにしてやる。」
怒り狂ったジャイアンの鼻息荒い一言。注目すべきは「メロメロ」という表現です。女性に対して使うとなると、「心も奪う」といった「ハート泥棒」的なニュアンスをともなう妖しくロマンチックなフレーズに変わります。


【9】「ほっとけ。いつものことさ。」
犬に追いかけられるのび太を眺めながらのクールな一言。アグレッシブな野獣の面だけでなく、ときにこのようなクールな一面をのぞかせることが、女性の心をがっちりつかむポイントなのかもしれません。


【10】「心の友よ!」
こちらもジャイアンの代表的な一言。激しい言葉を浴びせつつも、ときおりこのように親しみを込めたフレーズを用いることで、まさに「アメとムチ」、もしくは「ツンデレ」的なギャップを印象づけることができます。

どうですか?
ジャイアンの素晴らしさがわかってもらえたでしょうか?
俺は十二分にわかりました(;´▽`A``

ここに書かれているエピソード意外にも
面白いネタが満載です。
お暇な方は是非手にとってみてはいかがですか?
どうせ中古本なら1円ですし(笑)

スポンサーサイト
[ 2010/05/15 18:55 ] あいさつ | TB(0) | CM(4)

そこまで言われちゃったら

ちょっと、ときめいちゃいますね。
(ただしイケメンに限る(笑))

今の世にこそジャイアニズムが必要なのかもしれませんね!
[ 2010/05/15 22:26 ] [ 編集 ]

ナイスな本の紹介ありがとうございます(笑)
子供の頃から強烈な印象のジャイアン。
こんなに奥深い人物だったとは!?
ジャイアニズムって・・久々に笑えました。
[ 2010/05/16 11:16 ] [ 編集 ]

コバヤマさんへ

違った見方をすればジャイアンも
モテモテの好漢なんですね~(笑)
ジャイアニズムが広まりすぎたら・・
ガクガクブルブルですΣ(; ̄□ ̄
[ 2010/05/16 18:24 ] [ 編集 ]

ほしおさんへ

ジャイアニズムが一世風靡する
ようになったら・・
ある意味面白いかもしれませんね・・。
この本はすでに何年も経ってますが、
この時期だからこそ大ブレイクするかも・・


ないですよね(;´▽`A``
[ 2010/05/16 18:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/463-af514ce9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。