スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【経済問題】消費意欲強いはずの「35歳」 この層の「絶望」が最大問題? 

先日の記事で30代から40代の消費が、
日本経済の要になると書きました。

過去記事はこちら

同じような記事がexciteニュースにも掲載されています。
今回は特に35歳という年齢にフォーカスをあてて、
消費意欲の停滞が問題になっていると書かれています。

消費意欲強いはずの「35歳」
この層の「絶望」が最大問題インタビュー
「消費崩壊 若者はなぜモノを買わないのか」

(引用 エキサイトニュース2010年5月4日)

このニュースでは、三菱総研・吉池基泰主任研究員が
どのように35歳を救済するか!?という事をテーマに書かれています。

要点としては雇用の強化が必要であるといわれていますが、
果たしてそれだけなのでしょうか・・?

詳しくは続きで・・
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


確かに雇用を強化することと、
派遣労働者を正社員にすることで30代を救えるかもしれません。

でも、肝心な「消費活動」にはこれだけが
決定打にならないと思います。

バブル期に流行った洋酒(ブランデー)やブランド品、高級車など・・
今の若者には全く興味がなさげな気がします。
ですがそのバブル世代の方々は
「最近の若いものは・・」
「俺が若い頃は・・高級外車乗り回してBarで高い酒あおってたぞ・・」
とのたまわっておられます・・。(最近少ないか・・?)

ですが、それこそまさしく「押し付け」
若い人には若い人の文化や考え方があります。
その文化が変わってきていることを認識して、
企業側やもっと上の年代層も若い人にお金を出させる「仕組み」を
考えなければいけないのではないかと思っています。

企業側も様々なアンテナを張って、
若い人に消費させるように懸命に努力しています。

デフレになってしまっているから
「節約」「副業」などといった仕組みが先行して、
お金が回りにくくなっていますが・・

実際は、
CDの売れ行きは停滞してもi-podや高性能モバイルや高性能PCなどは売れ行きが好調。
外食を避けて、節約による自炊のおかげで調理器具の売れ行きが好調。
健康面を考えた有機野菜やサプリメントの売れ行きもまだ好調です。
家族の行楽は減ったが、Wiiの売上はあがっていたり・・。
雑貨では可愛らしい貯金箱や家計簿なども売れ行き好調だとか・・。

その世相にあった製品を提供するのが大事なのかなとも思います。

つまりは、
世相に応じた臨機応変な企業側の対応
若い人に対するマーケットリサーチ
消費を促すための措置(税制の抜本改革、エコポイントなど)


それにより企業側も、デフレの中でも業績を改善し
更なる雇用、更なる年収増を見込むことができるかもしれません。

若い人に消費させたいんだったら、
今の若い人にとって魅力的な商品を出せ。

結局はそれが一番大きいんでしょうけどね。

あ、おいらの場合、食べても太らないゴハンとか作って欲しいです。
満腹感は得られるけど、全く太らないってやつ・・。
虫が良すぎますかな?
スポンサーサイト
[ 2010/05/09 22:05 ] あいさつ | TB(0) | CM(2)

>若い人に消費させたいんだったら、
>今の若い人にとって魅力的な商品を出せ。

なるほどです。
とても共感いたしました!

メール頂いた敷引きの件、是非、takatakagoさんの考えの記事も読んでみたいです!
もちろん、歓迎ですよ。
[ 2010/05/10 16:56 ] [ 編集 ]

貯金一億円男さんへ

>若い人に消費させたいんだったら、
>今の若い人にとって魅力的な商品を出せ。

共感を頂きうれしいですo(*^▽^*)o
バブル期にディスコとか洋酒とかの「仕掛け」を作ったのなら今の時代に即した「仕掛け」を如何にして作るのか?
これが永遠のテーマになりそうです。

今日ご紹介の記事を書かせて頂きました。
今後ともご指導ご鞭撻宜しくお願いします。
[ 2010/05/11 01:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/458-3ca6cb24






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。