スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【リスクマネジメント】共働きってすごいね 

ふといつも見ている経済サイトですさまじい記事があった。

それは・・
「女性の経済力をあてにする男性」

(引用先)PRESIDEN REUTER
http://president.jp.reuters.com/article/2009/09/10/178BDD32-8C90-11DE-97CC-09B83E99CD51.php

これまたすごい記事でございます。

この不景気の中、切り抜けるにはお互いの稼ぎが必要なのでしょうか・・

確かに共働きなら確かに収入面でかなりゆとりが出るでしょう。
だけど・・その分代償も・・。
子供さんの面倒、家事の分担、体調管理・・
いろいろな問題があります。

昔は「俺が面倒をみてやる!」といえていたのに、
このご時勢、最近はそうも行かないようですな。



応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


俺はどちらでもいいけど、結婚してからしばらくは
お互いのペースを考えながら仕事をするのがベストと考えている。
すぐに仕事をやめてしまうと、急な環境の変化で、
物足りなさや目的を見失うことにより生活のリズムを狂わせてしまう。
ゆっくりとペースを慣らしながら、仕事の進退のタイミングは、
お互いの話し合いで決めればいいと考えているからです。

収入に関しては、子供さんをつくるなら、
子供がある程度成長してから嫁さんの今後の仕事を考えることになる
出産等で身動きも取れないし、うまれた後はいろいろ大変でしょうし・・。
復帰する予定があるなら、業務規定を確認の上、復職できるかを確認しておく事が大事ですね。
後は旦那さんの協力を得ながらやっていくことになるでしょう。

ここで、本題です。
旦那さんが相方の収入を頼るということに関しては、
それはその家庭のライフスタイル次第
世帯年収が500万を切る様なら検討する余地がある・・。
と上記の記事でかかれています。

共働きの必要性があるのなら、家事と育児の分担をきっちりする事も大事でしょう。
ただ、出産というイベントがある以上そうはうまくいかない。
また、出産が無事に終わり、
両方仕事を抱えるのなら家事もうまくやらないといけないし、
子供の幸せや安全を考える必要がある・・。
婚期が遅ければ、なおさら仕事と家事の両立は大変になる。

そう考えたら・・
ある意味、若いうちに結婚して子供を作るまで共働きをする。
これが一番いい方法なんでしょうね。

俺はすでにそのタイミングをのがしたわけだが・・( ┰_┰)
せめて後進のために、うまく政策を考えて、
結婚に対するイメージと子作りのサポートをしてもらいたいものです。
スポンサーサイト
[ 2009/09/12 15:15 ] リスクマネジメント | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/276-2f1cc1df






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。