スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【年収関係】4月から給料が下がる 

不景気のあおりはまだ終わっていない。

サブプライムローンから発した金融危機に伴う不景気は、
今まで大きな損失を出していないと言われた日本にも
大きな影響を与えてきている。

サブプライムの不良債権を買ってなかったのになんで?(゜◇゜)
と思われる人もいるでしょう。

日本は輸出に依存する国家(自動車、電化製品など)
つまり加工貿易国家です。
それなのに売り手のアメリカやらがリセション(不景気)に
入ってしまっていたらこれらの商品は売れない。
そうなると日本は不良在庫をかかえ、
さらに資金回収も出来ず、
会社の運営に影が射し始めます( ̄Д ̄;)

派遣切りの背景や給料のカットはここにみられるのでしょうね。

そこでさらに気になる記事を見かけました。


応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


「給料が下がる」37.6%――
2009年4月以降の給与事情


(引用)yahoo ニュース)(アンケート対象500人)

(記事抜粋は黒字、俺のコメントは青字にしてます)

ネットマイルの調査によると、4月以降の給料は
「上がる」と答えた人・・13.8%
「下がる」と答えた人・・37.6%

男女・年代別で見ると、
「上がる」の回答率が高かったのは
「男性20代」(32.0%)、「女性20代」(26.0%)だった。
一方「下がる」が高かったのは「男性50代」(52.0%)、
「男性30代」(50.0%)、「男性60代以上」(44.0%)

これ?疑問に感じませんか?


要するに、コストのかからない(基本給の低い)
20代には安い労働力の確保の面で優遇し、
高給取りとみなされるベテランクラスの給料を削減する。


あまりにひどい構図です。
ベテランとなり、専門のスキルを身に付けた人でなければ
生き残っていけません。


むしろ30代からが一番お金が必要だと言うのに・・。

 今後、お金をかけたいことを聞いたところ
「旅行、レジャー」が39.2%でトップ。
次いで「食品、飲料」(31.0%)、「娯楽、イベント」(26.0%)、
「外食、グルメ」(22.2%)と続いた。

一方、節約したいことは「水道光熱費」(79.4%)、
「パチンコなどギャンブル全般」(75.2%)、
「信仰、占い」(74.6%)が上位にランクイン。
このほか「携帯電話」(68.6%)や「不動産関連」(62.4%)の回答も目立った。

旅行やレジャーはまだ根強い人気。
食生活もまだまだ見通しは安泰なよう。

しかし、固定費の削減とギャンブルなどは対象外。
むしろコスト削減の対象に入っている。
俺のFXもある意味ギャンブルだしな・・。

この動向はおおまかには外れてはいないのだろう。
実際に節約の第一定義は光熱費削減から入る。
最も身近で最も手軽だからだろう。

とにかく、
このネガティブイメージから国民を救い上げないと、
給与はもちろん消費もまだまだ冷え込むだろうね・・。

スポンサーサイト
[ 2009/04/15 06:54 ] あいさつ | TB(0) | CM(2)

厳しい、そして寒い世の中ですよね。
私も給与カットのあおりを喰らった一人です・・・

ここは何とかFXで一発!!
と思いつつ撃沈もしました。

しばらくは節約と貯蓄に励みます。

応援ポチ!!
[ 2009/04/16 17:35 ] [ 編集 ]

104さんへ

給与カットはもうだれにも関わってくる話になってますよね・・。辛い所です。

FXは投資の中でもブラックな金融商品として有名です。
私はそれをわかっていながらあえてブラックに身を投じてます。無くなってもいいお金(そんなのありませんが)でやる事くらいしかリスクマネジメントにならないですね・・。お互い頑張りましょう。
[ 2009/04/18 10:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/172-bb85b2e5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。