スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<最低限の生活>首都圏20代男性なら時給1345円必要 

恐ろしい試算がでました( ̄Д ̄;)

なんとなくはわかっていたけれど・・
あらためて数字にされると恐ろしさを感じます。

皆さんは基本的には時給か日給、または年棒で
年収が設定されているとは思いますが、
一度時給換算してみるのをおススメします。

それはなぜかと言うと・・
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


<最低限の生活>首都圏20代男性なら
時給1345円必要


12月8日23時23分配信 毎日新聞

首都圏で20代の男性が最低限の生活を
維持するには時給1345円が必要--。
労働問題を研究するシンクタンク労働運動総合研究所などが8日、
首都圏では初めての最低生計費の試算結果を公表した。
東京都の最低賃金は766円で大きな隔たりがあるとしている。

 テレビやパソコン、洋服など500項目の
持ち物調査や外食の割合、値段など生活実体を調査する方法で、
東京、神奈川など首都圏4都県の2039人から回答を得た。

 試算は20代男性単身世帯から50代夫婦子供2人、
70代女性単身など9パターンで行った。

 20代男性単身世帯では、食費3万9564円で家賃5万4167円、
教養娯楽費1万8273円などで計23万3801円(月額)となった。
これを最低賃金審議会で使った労働時間の173・8時間で割ると、
最低賃金1345円(時給)が必要となる。
試算には税、社会保険料金(4万2395円)も含まれる。

 30代母子家庭(35万512円)▽
40代夫婦子供2人(56万3652円)▽
70代単身女性(20万4815円)などだった。

 調査に携わった佛教大学の金沢誠一教授(公共政策)
「全体として大幅な最低賃金の引き上げが必要だ」と話している。


~~~~~~~~~~~~~~~~
なんともまぁ・・、不況の最中ボーナスや賃金の低下により
賃金が下がっている状況なのに・・。
全体として大幅な最低賃金の引き上げが必要・・。

この理由としては集計したのが東京だからだとも考えられます。
地方都市に住んでいる私にとってはそこまで生活には・・
困窮していないのかな・・?

物価の問題と地価の問題
そして収入格差・・
それをトータルで考えた上で、
あなたの年収はどうでしょう・・?

私は東京だったら厳しいかもしれないです・・。
スポンサーサイト
[ 2008/12/09 07:49 ] あいさつ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/101-80e45e61






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。