スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FX(スワップ派)で運用するなら 

昨日に続いてFXに関する記事です。

このサイトではハイレバレッジで運用する手法は
書いておりませんので、別のブロガーさんを
参考にして頂ければ幸いです。

私の紹介する手法はスワップ派です。
応援頂く際はCtrlボタンを押しながらクリックすると楽です<(_ _)>
くる天 人気ブログランキング


スワップとは何か?
ですが、

取引する2国間の金利差をスワップ金利といいます。

例えば、ニュージーランドドルを
円で買う時には、
二国間の政策金利を見ます。

ニュージーランドの政策金利は8.25%
日本の政策金利は0.5%

すなわち、8.25-0.5=7.75%が
二国間の金利差になります。

つまりニュージーランドドル(NZD)を
日本円(JPY)で買う時には
この金利差分がもらえ、
逆に売る時にはこの金利差分を払うことになります。
(一日単位)

すなわち、NZD/JPYが80.50円で
10000通貨買う場合は、
80.50円×10000通貨=805000円
805000円×0.0775=62387.5円/年
62387.5円/年÷365日=約170円/日

つまり一日に170円のスワップ金利を得る事が
できるんです。

となれば10万通貨のNZDを保有していたら、
一日に1700円のスワップ金利を得る事ができる。

しかし注意してもらいたいのは、
10万通貨のNZDを買う時の
証拠金(円)があるのかどうか?

また低いレバレッジで運用できるかどうか?
そこがキーポイントになってきます。

つまり資金があってこそ、高いスワップ金利を
低いレバレッジで抑えて運用できると言う事です。

次回はそこを詳しくご紹介します。

ちなみに私は、
ヒロセ通商の「LIONFX」を使っています。
①取引手数料無料。
②1000通貨からの取引可能
③高金利通貨のラインナップが豊富
④スプレッドが1銭から
⑤信託保全がされている
スワップ計算機能の充実
以上の点から口座を持っています。



ライオンFX、がお~(((ノ`O´)ノ

あくまでも低レバレッジでの運用お願いします。
スポンサーサイト
[ 2008/07/03 10:00 ] あいさつ | TB(0) | CM(7)

お互い頑張りましょう^^

こんにちわ、
私も応援いたします。
一緒に夢に向かって頑張りましょう^^
応援いたします。(今後もきますね^^)
ではでは
[ 2008/07/03 12:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/07/03 12:49 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして!
先日は当サイトにおこしいただきまことにありがとうございます!

とっても面白いコンセプトのブログですね。
私は貯金とかが全然出来ないので尊敬しちゃいます。
頑張って貯金しまくってくださいね(´∀`)
[ 2008/07/03 19:06 ] [ 編集 ]

カエルさんへ

コメントありがとうございます。
夢を追っている時が一番燃えますよね。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2008/07/04 07:11 ] [ 編集 ]

喰川さんへ

サイト拝見させていただきました。
膨大な量のコンテンツ・・。
ブログの私では再現できないです。
しかもおもしろいネタばかり・・。

またお伺いさせて頂きますね。
応援ぽちしておきました。
[ 2008/07/04 07:13 ] [ 編集 ]

はじめまして。
あし@からきました~。

FXをやられているのですね。
私は、携帯アフィリをやっています。

お互いにがんばりましょう。

訪問に感謝の気持ちを込めて、応援ポチ
[ 2008/07/04 14:19 ] [ 編集 ]

風の吹くままに・・・永遠さんへ

コメントいただきまして
有難うございます。

携帯アフィリを手がけてらっしゃるのですね。
私も勉強にお伺いさせて頂きます。

応援ありがとうございます。
[ 2008/07/06 19:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://takatakagogo.blog116.fc2.com/tb.php/10-74e53225






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。